今日も今日とでデスクワーク♪

明日も明日でデスクワーク♪

家に帰っても座りっぱなし~♪

 

 

 

 

 

足が痺れるんじゃい!!

 

長時間座っていると足が痺れてくる…。

座ってて足に体重が乗ってないはずなのに、なんでこんなにしびれるの?

正座してるわけでもないし…。

とか言ってるうちにもっと痺れてきたし…。

 

これはいったい何なのさ!?

 

というわけで、しびれの原因と対策についてお話していきましょう。

 

 

いつもに比べて前フリが雑じゃないかって?いやぁ~気のせいじゃないですかね(笑)

 

このしびれは何?

何と言っても、そもそもこのしびれはいったい何なのかわからないという方も多いかと思います。

別に怪我したわけでもないし、そもそも足には負担はかかっていないはず。

正座しているわけでもない。

でも長時間座ると痺れてくる。

このしびれの正体は何なの?

 

結論から言いますと

神経が押しつぶされている

のが原因です。

神経は、圧迫される(押しつぶされる)ことによって痺れてきます。

正座すると膝下が圧迫されるため、足の神経に影響が出て痺れてしまうのです。

 

 

…ちょっと待って。

正座で足が痺れるのは分かるけど、足を伸ばしてても痺れるよ?

足は圧迫されてないのに、どうして痺れてくるのさ?

と思われたはず。

確かに、この理屈で言えば圧迫されていない部分がなぜ痺れてくるのか説明になっていませんよね。

実はこれ、足ではなくてある部分が圧迫されているのです。

その場所というのが…

 

お尻!

なんです!

座ることでお尻には常に体重がかかっています。

実は、お尻のところにはとある神経が走っていまして…

その神経の名前を

坐骨神経

(上の図の黄色いやつです)

と言います。

恐らく、一度は聞いたことのある名前だと思います。

足が痺れてしまう坐骨神経痛がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

神経は圧迫されたところから末端に向かって痺れてしまう性質があるため、お尻で坐骨神経が圧迫されるとそれより末端の部分、つまり股関節から足先まで痺れたり痛くなったりするという訳です。(もちろん圧迫の度合いによって痺れのひどさも変わってきますが…)

 

 

…待たんかい。

それじゃあ、長時間座っている人全員が坐骨神経痛になるはずじゃないか。

痺れが出ない人だっているのはどういうことなの?

もしかして、適当なこと言ってるんじゃないのかこのポンコツ筆者は?

…そこまで言わなくてもよくない?(涙)

 

と思われるかもしれませんので、もう少しだけ補足を(というか今からの補足が一番大切かも(笑))

痺れが出る人と出ない人の違い

坐骨神経が原因なのは分かった。

座ることによって圧迫されて、痺れが出ることも分かった。

じゃあ、どうして人によって痺れの度合いが違うのだろう…?

 

それはズバリ!

座り方

にあるのです!

 

坐骨神経は、下の図の黄色い線です。

まっすぐ座っていると、坐骨神経に負担は来ないのですが...

右のような座り方だと、骨盤が後ろに倒れてしまうため、ちょうど坐骨神経があるところに体重がかかってしまうのです!

骨盤が後ろに倒れてしまうときは、足を伸ばして座っているときや、猫背になっているときなので注意です!

 

それとは別に、もう一つ原因があります。

それは、

梨状筋が硬い!

状態になっていることです。

…梨状筋?なにそれ?

と思われる方も多いでしょう。

梨状筋は、ややマイナーな筋肉です(知っている人は知っている…はず)。

この梨状筋、普段の姿勢や体の使い方によって硬くなる人がいます。

しかも深層(奥のほう)についている筋肉なので触って確認することが難しく、凝り固まっていることに気づいてない方も多いんです。

そんな梨状筋がどこにあるかというと…

坐骨神経のすぐ真上!!

なんです。

先ほどお見せした画像で説明しますと…

一番上についている赤い部分(筋肉)です。

何ということでしょう、見事に坐骨神経の真上ですよね(笑)

要は、梨状筋が硬くなると、坐骨神経が押しつぶされて痺れてしまうという訳です。

このことを梨状筋症候群と呼びます。

それに加えて、座ることでお尻に圧をかけようものなら痺れるのは当たり前と言ってもいいくらいなんです。

ですので

「座り方はそうでもないのにやたら足が痺れる…」

という方は梨状筋症候群の可能性があるというわけです。

 

 

まとめ

・痺れは、座ることで坐骨神経を圧迫するため起こる

・身体が崩れた状態で座ると、坐骨神経を圧迫するため足が痺れてしまう

・姿勢が良くても、梨状筋が固まっていると坐骨神経を圧迫してしまう(梨状筋症候群)

 

…ここまでダラダラ長々と書いたのに、たったの3行でまとめてんじゃんとか言わないでね(笑)

 

もちろんですが、当院の未病コンディショニングセンターでもそういった症状の方はお待ちしております。

特に梨状筋は、私たち専門家でないと触ることが難しい筋肉なのです。

お尻だけでなく、あなたの姿勢や骨の歪みなど、「全身」を診ていきますので是非お任せください!!

 

 

LINEにて、ここだけのお得な情報や健康情報を発信しております!

さらに、こちらからご予約や予約状況の確認を簡単に行うことができます。

その他ご質問やご不明な点にもスタッフが丁寧に対応いたしますので、ぜひご登録ください!

LINEでの友達登録はこちらから↓

@147qhwowを検索いただいてもご登録いただくことができます!